頭皮ニキビについての知っておくべき豆知識

ニキビができる原因として肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりが正常に行われなくなってしまい、肌に残った角質により、皮膚の表面に出て行かなくてはならない皮脂が溜まり、盛り上がった状態になり、その状態のでアクネ菌が増殖し、炎症がおき、それがニキビになります。肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりが正常に行われなくなってしまう原因として皮膚に刺激を与えて傷つけていましたり、ストレスからくるホルモンバランスの低下、睡眠不足からくる細胞生成の機能低下などが影響しています。ニキビができた場合は日常生活を見直し、対策を考えることが本当に大切です。ニキビができてしまった場合、決して自分で潰さないようにすることが大切です。目では確認し辛い場所でありますし、間違ったケアは症状を悪化させる危険がよくあります。ニキビができてしまって一回触ってしまいますと余計気になってしまって、また手で触りたくなってしまい、手についている菌がさらについてしまうことで、炎症を大きく起こしてしまう可能性もあり、治せるのに時間がかかってしまいます。塗り薬アダペンは有効成分をアダパレンとし、特に軽めのニキビに効果があり、アダペンを使用すると黒ニキビや白ニキビが出来にくくなり、当然の結果、黒ニキビや白ニキビの後の段階で発生する炎症性の赤ニキビも抑える事ができます。アダペンの使用開始直後から1ヵ月程度、皮膚の乾燥、肌のむけやニキビの悪化が生じずることが比較的多くありますが、通常は日が経つごとに症状は緩和します。ヘアケア剤をつけると、余分な油分がついてしまうので、使用することを止め、皮膚を清潔な状態にします。いつも使用している枕のカバーなどが、菌を増殖させていることが多くあり、それを防ぐためにも頭皮が触れる場所は常に清潔な状態にしておくようにします。

頭皮ニキビについてもっと詳しく見るならここがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です